ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組み

極力単純化して説明すると、こういうことです。

ことし、ある自治体に対してふるさと納税をする(金額○円、とします)
来年の税金から、○円(から2,000円差し引いた金額)が控除される

=つまり、2年で見ると2,000円余分に払うことになるけど、
その代わり、寄付金に応じた返礼品がもらえる
=実質2,000円で返礼品がもらえる=お取り寄せ感覚で全国の返礼品を楽しめる

なーんだと思うかもしれませんが、この返礼品は「刮目」すべきです。
なぜなら、実際には2,000円ではとても購入できないような、内容が超高級でなかなか手に入りにくいものだったり、もらえる量が半端なかったりするんです。

しかも、寄付した金額(から2,000円を引いた金額)は翌年税金から控除することができます。

つまり、2,000円で買い物して、2,000円を大きく超えるおトクな体験をし、かつ税金を節約できるというわけです。

なぜWinWinにできるのか?

自治体は損をしないのか?という疑問がわくと思いますが、ふるさと納税は寄付と言う名目ではありますが、早い話が自治体にとっては「先払いをしてもらえる」ということにほかなりません。

どんなサービスでも、「前払い・先に払っておく」というのは「売る側」にもメリット絶大なんです(予算が組める、その後の計画が立てられるから)。だから、その分お安くして消費者に還元したりするわけですね(古い話だと、チケットの前売りと当日券の値段の違い。前売りの方が安い)。

そしてその返礼品でその自治体の特色・強みを生かせる。

この消費者(=納税者)と自治体のマッチング、今までどうしてなかったんだろうと思うぐらい、理にかなった、心憎いアイデアだと思うんです。

自治体は助かるし、私たちもおトク、というまさにWinWinな仕組みなわけですから。

ということは?やらない理由がないってことです!

 

お探しものが見つからない場合はこちらもお試しください