ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税の仕組みは、極力単純化して説明すると、こういうことです。

ことし、ある自治体に対してふるさと納税をする(金額○円、とします)
来年の税金から、○円(から2,000円差し引いた金額)が控除される

=つまり、2年で見ると2,000円余分に払うことになるけど、
その代わり、寄付金に応じた返礼品がもらえる
=実質2,000円で返礼品がもらえる=お取り寄せ感覚で全国の返礼品を楽しめる

なーんだと思うかもしれませんが、この返礼品は「刮目」すべきです。
なぜなら、実際には2,000円ではとても購入できないような、内容が超高級でなかなか手に入りにくいものだったり、もらえる量が半端なかったりするんです。

しかも、寄付した金額(から2,000円を引いた金額)は翌年税金から控除することができます。

つまり、2,000円で買い物して、2,000円を大きく超えるおトクな体験をし、かつ税金を節約できるというわけです。

自治体は助かるし、私たちもおトク、というまさにWinWinな仕組みですね。

ということは?

やらない理由がないよw→